最近の記事

やっぱり好きなものも食べる生活がいい

考えが偏るのもよくないだろうな、
と思って、今までの考え(採食中心にして体内を綺麗に保つ)と真逆な本を読んでます。


出来る範囲でゆるいマクロビ的な菜食中心生活をしていますが、
最近になって真逆の考えも知っておくべきと思ってこういうのを読んでます。


100歳超えのご長寿の方を調べてみると、
肉を食べない菜食主義の方は一人もいない
、と。


身近な長寿の人(祖母)を思い出して、確かにと思います( ̄ー ̄ ;)

著者が提案する一日の食品摂取量は 肉60〜100g。

例えば一番最低の60gは生卵のMサイズ1個分ぐらいの重さ、コンビニおにぎりの半分です。

意外と少ないんですね。

1日で卵1個分の重さほどなのに、
お肉はダメ!ダメ!と避けるほどの量ではないなという感想。


お肉はやっぱりおいしいです(^-^*)

という事で最近はそれぐらいはふつうに食べるようになりました。


やせているほど長生きをすることを示した結果は、たった一つしかなく、
太っている人ほど長生きをするとか、中くらいの太り方の人が長生き
なのだそうです。


肉を食べない人は「鬱」になりやすいとありまして、なんとなく納得。


焼肉屋などで美味しい肉を食べるとHappyになりますから (・∀・)ニパ


健康に悪いからあれはだめこれもだめそれもだめと制限をかける、
そうすると本当は食べたいんだけどと無意識がストレスを抱える、
一生懸命健康に気をつけたのに心の問題から病気になる、連鎖している。



食事大切ですけど、食事<メンタルに切り替えていこうかなと思います (・∀・)ニパ



すぐに影響を受ける私は、現在この本を読書中です↓

肉を食べる人は長生きする 健康寿命を伸ばす本当の生活習慣

0 件のコメント:

コメントを投稿

1週間内にアクセスの多かった人気の投稿